インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

病気の再発を防ぐことこそが、患者さまのためになると信じています

私はお口の病気の、再発防止に力を入れています。そのために、原因に目を向けた治療提供を心がけています。

お口の病気の原因を取りのぞくことに力を入れているようですが、そのような考えに至ったのはどうしてですか?

再発を防ぎたい一心からですね。私は歯を1本ずつ診るのではなく、お口全体を一つの単位として考えるようにしています。悪くなったところだけ治療しても、お口のどこかにあるそもそもの原因が改善されなければ、症状が再発して治療を繰り返すことになってしまうからです。
逆に原因を取りのぞくことができれば、病気が再発するリスクはぐっと抑えられます。特にご年配の方が存分にお食事を楽しむには、お口の健康は欠かせないものだと思います。患者さまに嫌な思いを繰り返していただきたくない、という思いがきっかけでした。

1時間かけて現状の説明を行なっていると伺いましたが、なぜそこまで力を入れるのですか?

患者さまに、自分なりの判断基準を作っていただきたいからです。私の考える治療は、一方通行な意思疎通をするのでは無く、患者さまと共に歩む二人三脚の治療です。歯科医師ばかりが治療を決めてしまっては、その方にとって本当に良い治療にはたどり着けません。あくまで患者さまがご自身の意志を持って、歯科医師と一緒にゴールを目指す姿勢が正解だと考えます。
そしてなにかを選ぶときに、知識は大きな武器になります。私からは必要な知識をお伝えします。患者さまはそれを使って、ご自身にとって良い結果を引き寄せてください。

歯周病治療に力を入れようと思ったきっかけはありますか?

とある勉強会に参加していて、歯周病治療が得意な先生と知り合ったことがきっかけですね。その考え、人となりに惹かれて、その方が主催する勉強会に参加しました。そして歯周病治療こそ、歯科治療の基礎とも言える大切な治療だという考えに至りました。
歯周病を治療するには、お口の中の汚れを定期的にクリーニングする必要があります。そのため私は、クリーニングを担当する歯科衛生士の教育にも力を入れました。スタッフには自分専用の器具を使ってもらい、使いやすいように毎回磨いてもらっています。手間はかかりますが、そこは手を抜いてはいけないところだと思っています。

「針のない麻酔」や「笑気麻酔」を取り入れた理由を教えてください。

皆さまと同じく私自身も、痛い思いをするのが嫌だからです。自分が嫌なことを、患者さまに押しつけるわけにはいきません。
麻酔注射の打ち方にはこだわって痛みを抑えるようにしていますが、そもそも「注射器が怖い」という方もいらっしゃいます。そのような方のために針のない噴射式の麻酔や、吸引するタイプの麻酔をご用意しました。患者さまの気持ちを考えたら、そのような配慮は当然だと思います。

ホワイトニング用の個室をご用意されたのはなぜですか?

患者さまにリラックスして治療を受けていただきたいからです。当院はホワイトエッセンスに加盟しています。女性歯科衛生士が、お口元の美しさにこだわる方のご要望に真摯に耳を傾けます。プライベートな空間で、じっくり歯を白くしていただけます。

口元のマッサージを受けた患者さまから、どのようなお声をいただいていますか?

「口の中の空間が広がったような感覚がある」と言っていただけますね。ふだん使っていると、口周りの筋肉もこわばってくるんですよ。そうすると口の中が狭くなったような、窮屈な感じがしてきます。口元をほぐすことで、その不快感を和らげることができます
表情筋がほぐれると、口元もすっきり軽くなると思います。興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。